S様邸 上棟式が行われました!平成29年5月13日(土)

こんにちは
スタッフの堀です。

5月だというのに夏日が続いていましたが
5月13日の土曜日は、雨が降り肌寒い1日となりました。

そんな中、以前に地鎮祭をご紹介したS様邸の上棟式が行われました。

上棟式とは『建前(たてまえ)』や『棟上げ(むねあげ)』とも呼ばれ、
無事に棟が上がったことへの喜びと感謝をし、建築の無事を祈願することです。

一般的には骨組みができ最上部に棟木(むなぎ)を上げる時におこなわれ、
職人さんをもてなすお祝いや近所へのお披露目
家を建てることへの思い出作り、イベント的な意味合いもあります。


更地だった場所にはすっかり骨組みができ家の形になってきました(^○^)
0513-1.jpg


まずは、板に祝上棟と名前をS様、息子さま、大工の棟梁と順番に書いていきます。
0513-1.jpg


柱にも記念に書いていきますが、
実際に家が完成した時には見えなくなってますのでご安心を(^○^)
0513-3.jpg 0513-4.jpg


二階には祭壇が用意され、
魔除けの幣束(へいそく)、お酒、塩、こめ、お餅、硬貨が供えてあります。
0513-5.jpg


棟梁により四隅に塩がまかれ祝詞が挙げられると
参加者一同、緊張の面持ちでのぞんでおります。
0513-6.jpg 0513-7.jpg


幣束と祝いを書いた板はお守りとして屋根裏に置かれることになります。

式が終わるとおまちかねのお餅投げです(*´∀`)♪

雨は大丈夫かな?と心配していましたがしっかりと止み
ご近所の方や、お知り合いなど多くの方が参加してくださり盛り上がりました‼
0513-8.jpg 0513-9.jpg


最近では、行われないことも多くなってきた上棟式ですが、
一生に一度あるかないかの一大イベント!
今日のことはS様にとっても思い出深いものになりました(*´꒳`*)

また、職人さんたちと顔を合わせ色々お話することで
お互いが「どんな人・・・」という事もわかり
さらに良い家作りができるのではないでしょうか(^_^)v

0513-10-2.jpg

私にとっても初めての上棟式。
貴重な体験をさせていただきました‼

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. スタッフブログS様邸 上棟式が行われました!平成29年5月13日(土)