平成31年3月12日(火)片付けナース講座「もしもの備えは〇日分?置き場所はありますか?」

東日本大震災から8年…「もしもの備えは〇日分?置き場所はありますか?」


bousai_goods.pngfood_saigai_bichiku.png

東日本大震災から8年が過ぎようとしています。
沼津市のウェブサイトによると、
非常時の生活のため7日間分の水や食料、
最低生活を確保できる卓上コンロ・簡易トイレ等の備蓄
及び非常持ち出し品の準備を市民の皆さんにして
いただくようになっているようです。

日数は自治体によりさまざま。
3日~14日分の間で設定しているところが多いようです。
1人1日3リットルの水が必要と言われています。
1週間分で21リットル 2リットルのペットボトル10本分。
4人家族だと40本。

40本のペットボトルを置くスペース…ありますか?

水だけではありません。
食料も必要です。
非常食はどんなものを用意していますか?
レトルト、缶詰、乾パンやビスケット、ラーメン…といったものを
用意されている方が多いのではないでしょうか。
1週間、レトルトで過ごせますか?
配給のおにぎりが来たとします。
赤ちゃんと、入れ歯を無くしてしまったお年寄り、
同じおにぎりを食べることができますか?

こういう時、ちょっとした工夫で解決できる方法があります。

災害備蓄ができるスペースがない、というお宅は多いものです。
これ以上余分なスペースは作れない、という方。
あきらめないで!
もしもの備えについては、これまでのセミナーの中でも
折に触れお話してきましたが スペースの作り方、無駄なく
効果的にできる備蓄方法について1からお話しします。

特別な道具は使わない…
一般家庭にあるもの、手に入りやすい物で
できることをお伝えします。

<セミナーの内容>

・主婦目線での防災備蓄、もしもの備え
・非常持ち出し、防災備蓄、どんなものを用意する?
・災害時以外のもしもの備え
・ナース目線で見た、非常持ち出しに加えておきたい物
・非常時でもあたたかいものが食べたい
・実際にやってみた、食べてみた備蓄食の感想
・収納の工夫
など

平成31年
3月12日(火)10:30~12:00

住夢遊の家 藤田建設
スマイルスタジオ

kaisya-chizu1202.jpg

※4月9日(火)に次回開催が決定しております。そちらの申込も承っております。


講師 : 三浦千枝 先生(片付けナース)

★講師 三浦千枝先生より ひと言★
毎月のようにテレビや雑誌では「収納」「片付け」特集が組まれています。
少ないモノで暮らす「ミニマリスト」もシンプルで素敵なライフスタイルとして
人気があります。
断捨離が話題になり、「片づけ」といえば「捨てる」というイメージがありませんか?
元看護師、現在は片付けのプロ「ライフオーガナイザー®」として相談会や
実際の整理収納サポート活動を行っています。
あなたに合った「片づけ」を行うためのお話をします。
片付けナースの相談、サポートを利用された方は2017年末までで76名。
神奈川県内を中心に東京都、静岡県、福岡県で活動しています。
2000年の春から空き家になってしまった100キロ離れた静岡県内の夫の
実家の片付けと維持管理を継続中です。
親の家の片付けにまつわるお話もセミナーにて……。

参加ご希望の方は下記の連絡先までご連絡ください。
tel.jpg
E-mailでも受け付けております。
contact@kk-fujita.co.jp

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 見て納得のイベント案内!平成31年3月12日(火)片付けナース講座「もしもの備えは〇日分?置き場所はありますか?」